web-dev-qa-db-ja.com

Android SDKインストールを自動化する方法はありますか?

ここで、Android SDKとAVD Managerをダウンロードしてインストールし、UIからAPI、ツールをインストールする必要があります。このプロセスを自動化する方法はありますか?

203
dongshengcn

更新

最新バージョンでは、Android SDKのパッケージを表示、インストール、更新、およびアンインストールできるコマンドラインツールsdkmanagerが導入されています。

sdkmanagerツールはAndroid SDK Toolsパッケージ(25.2.3以降)で提供され、Android_sdk/tools/bin/にあります。

  sdkmanager [--uninstall] [<common args>] [--package_file <file>] [<packages>...]
  sdkmanager --update [<common args>]
  sdkmanager --list [<common args>]
  sdkmanager --licenses [<common args>]

In its first form, installs, or uninstalls, or updates packages.
    By default, the listed packages are installed or (if already installed)
    updated to the latest version.

    --uninstall: uninstalled listed packages.

    <package> is a sdk-style path (e.g. "build-tools;23.0.0" or
             "platforms;Android-23").
    <package-file> is a text file where each line is a sdk-style path
                   of a package to install or uninstall.
    Multiple --package_file arguments may be specified in combination
    with explicit paths.

In its second form (with --update), all installed packages are
    updated to the latest version.

In its third form, all installed and available packages are printed
    out.

In its fourth form (with --licenses), show and offer the option to
     accept licenses for all available packages that have not already been
     accepted.

Common Arguments:
    --sdk_root=<sdkRootPath>: Use the specified SDK root instead of the SDK 
                              containing this tool

    --channel=<channelId>: Include packages in channels up to <channelId>.
                           Common channels are:
                           0 (Stable), 1 (Beta), 2 (Dev), and 3 (Canary).

    --include_obsolete: With --list, show obsolete packages in the
                        package listing. With --update, update obsolete
                        packages as well as non-obsolete.

    --no_https: Force all connections to use http rather than https.

    --proxy=<http | socks>: Connect via a proxy of the given type.

    --proxy_Host=<IP or DNS address>: IP or DNS address of the proxy to use.

    --proxy_port=<port #>: Proxy port to connect to.

* If the env var REPO_OS_OVERRIDE is set to "windows",
  "macosx", or "linux", packages will be downloaded for that OS.

そのため、パッケージを更新するには

$ sdkmanager --update

ライセンスを受け入れる

$ yes | sdkmanager --licenses

古い回答

(注意:Androidコマンドは非推奨です!)

あなたが自動化に近づくことができるのは、おそらく次のとおりです。

$ Android update sdk --no-ui

Androidには、自動更新のために次のオプションがあります。

Action "update sdk":
  Updates the SDK by suggesting new platforms to install if available.
Options:
  -f --force    Forces replacement of a package or its parts, even if something has been modified
  -u --no-ui    Updates from command-line (does not display the GUI)
  -o --obsolete Installs obsolete packages
  -t --filter   A filter that limits the update to the specified types of packages in the form of
                a comma-separated list of [platform, tool, platform-tool, doc, sample, extra]
  -s --no-https Uses HTTP instead of HTTPS (the default) for downloads
  -n --dry-mode Simulates the update but does not download or install anything

インストールに使用できるパッケージを一覧表示する場合は、使用できます

$ Android list sdk

そして、例えば、パッケージの順序付きリストを取得します

Packages available for installation or update: 9
   1- ARM EABI v7a System Image, Android API 15, revision 2
   2- Intel x86 Atom System Image, Android API 15, revision 1
   3- Android Support, revision 8
   4- Google AdMob Ads SDK, revision 6
   5- Google Analytics SDK, revision 2
   6- Google Play APK Expansion Library, revision 1
   7- Google Play Billing Library, revision 2
   8- Google Play Licensing Library, revision 2
   9- Google Web Driver, revision 2

また、--filterオプションを使用する場合は、目的のコンポーネントのみに更新を制限できます

$ Android update sdk --filter <component> --no-ui

ここで、componentは1つ以上です

  • Android list sdkによって返される数値(つまり1package indexとも呼ばれる)
  • 拡張機能
  • doc
  • 余分な
  • プラットフォーム
  • プラットフォームツール
  • サンプル
  • ソース
  • システムイメージ
  • ツール

または、1つ以上の特定の識別子にすることができます。たとえば、特定のパッケージの小さなセットをダウンロードするだけの場合、これを行うことができます。

$ Android update sdk -u --filter platform-tools,Android-16,extra-Android-support

プラットフォームツール、APIレベル16、サポートパッケージjarを取得するだけです。これは、ビルドマシンのみをビルドしていて、決して使用しない余分なものをすべてダウンロードする必要がある場合に非常に便利です。

利用可能なオプションを確認するには、たとえば--helpを使用します。

$ Android --help list sdk

       Usage:
       Android [global options] list sdk [action options]
       Global options:
  -h --help       : Help on a specific command.
  -v --verbose    : Verbose mode, shows errors, warnings and all messages.
     --clear-cache: Clear the SDK Manager repository manifest cache.
  -s --silent     : Silent mode, shows errors only.

                   Action "list sdk":
  Lists remote SDK repository.
Options:
  -o --obsolete  : Deprecated. Please use --all instead.
  -a --all       : Lists all available packages (including obsolete and
                   installed ones)
     --proxy-Host: HTTP/HTTPS proxy Host (overrides settings if defined)
     --proxy-port: HTTP/HTTPS proxy port (overrides settings if defined)
  -s --no-https  : Uses HTTP instead of HTTPS (the default) for downloads.
  -e --extended  : Displays extended details on each package
  -u --no-ui     : Displays list result on console (no GUI) [Default: true]
386

これは私にはうまくいきませんでした...

echo "y" | Android ....

だから私はここに行きました:

expect -c '
set timeout -1   ;
spawn Sudo /opt/Android-sdk/tools/Android update sdk -u; 
expect { 
    "Do you accept the license" { exp_send "y\r" ; exp_continue }
    eof
}
'
50
danb

これを使用して、travis-ciでSDKをインストールおよび更新します

curl --location http://dl.google.com/Android/android-sdk_r22.3-linux.tgz | tar -x -z -C $HOME
export Android_HOME=$HOME/Android-sdk-linux
export PATH=$PATH:$Android_HOME/tools:$Android_HOME/platform-tools
( sleep 5 && while [ 1 ]; do sleep 1; echo y; done ) | Android update sdk --no-ui --filter platform-tool,Android-19,sysimg-19,build-tools-19.0.1
44
Elmer

すべてのライセンスに「y」で答えるには、スクリプトでこれを試すことができます。

(while :
do
  echo 'y'
  sleep 2
done) | Android update sdk -u .....
16
npstr

すべてのAndroidパッケージをダウンロードする方法を探している人のために、それを行うスクリプトを作成しました。 すべての廃止されていないパッケージをダウンロードします。

#!/binbash
# Install all non-obsolete Android sdk packages.
# author: Tai Le Tien (letientai299 at gmail.com)

function install_sdk {
  Android update sdk -u -s -a -t "$1"
}

function fetch_non_obsoled_package_indices {
  # Fetch the sdk list using non-https connections
  Android list sdk -u -s -a |\
    # Filter obsoleted packages
    sed '/\(Obsolete\)/d' |\
    # Filter to take only the index number of package
    sed 's/^[ ]*\([0-9]*\).*/\1/' |\
    # Remove the empty lines
    sed -n 's/^[^ $]/\0/p'
}

for package_index in  $(fetch_non_obsoled_package_indices)
do
  echo "====================================================================="
  echo "Start to install package:  ${package_index}"
  echo "====================================================================="
  # Auto accept license
  echo -e "y" | install_sdk "${package_index}"
  echo
  echo
done

また、私の Githubリポジトリ でそれを見ることができます

いいもの:

  • expectに依存しません。
  • ヘッドレス。

欠点:

  • 基本的なSDKを手動でインストールし、Androidをパスに追加する必要があります。
  • スクリプトはUNIXでのみ機能します。
5
Tai Le

新しいAndroidバージョン(たとえば、25.2.5)では、 sdkmanagerAndroidコマンドの代わりに)を使用する必要があります

パッケージのインストール例:

Android-sdk/tools/bin/sdkmanager "extras;Android;m2repository"

使用可能なすべてのパッケージのリストを取得するコマンド:

 Android-sdk/tools/bin/sdkmanager --verbose --list

このWebページ SDKツールのダウンロードリンクの一覧:

以下は、DockerイメージにAndroidをインストールできるオープンソースリポジトリ docker-Android へのリンクです。

this SO質問:すべてのSDKライセンスを自動的に受け入れる で回答が見つかるかもしれません。

3
TmTron

Gradle用Androidプラグイン バージョン2.2.0で始まり、SDKコンポーネントがない 自動的にダウンロードされる

3
sschuberth

初心者Android開発者であり、経験豊富なJava開発者にとって、上記の悪夢をすべて乗り越えたとしても、依存関係を知ることは本当に戸惑います。私の同僚は、上記の悪夢のために、Android St​​udio(Intellijベースの:-)を具体的に使用することを勧めました。私は彼のアドバイスに従った。しかし、私はインストールのデフォルトを受け入れず、私のソフトウェアドライブにインストールしようとしました。それは悪夢であることが判明しました。 SDKダイアログはハングしているようで、まったく直感的ではありませんでした。それが私がここにたどり着いた理由です。上記を読んだ後、Studioをもう一度試してみましたが、今回はイントールのデフォルトをすべて受け入れました。さようなら...それはいくつかのダイアログですべてのSDK依存関係(私が推測しているコアのもの)の世話をしました、つまりCtl-Shift-SとSKD。したがって、私は初心者にそれをお勧めします。ここで、ダウンロード時のプリンの証明: enter image description here

ダウンロードしてインストールしたsudioのバージョン: enter image description here ウィンドウのバージョン: enter image description here そして、それが良いことをした後: enter image description here

それがあなたのために働くことを心から願っています!!

0
Beezer

必要な非{obsolute、source、emulator-image、doc}パッケージのみをダウンロードするさらに別のスクリプト:

#!/bin/bash
set -e

# cd into where tools/Android can be found
if [[ -d "$Android_HOME" ]]; then
  cd "$Android_HOME"
Elif [[ -x "$(dirname "$0")/tools/Android" ]]; then
  cd "$(dirname "$0")"
else
  echo "FAILED: Cannot find Android_HOME/tools/Android"
  exit 1
fi

Android () {
  "$(dirname $0)/tools/Android" "[email protected]"
}

needed_packages () {
  Android list sdk -u -s -e         \
    | grep '^id:'                   \
    | cut -d'"' -f2                 \
    | grep -v 'source'              \
    | grep -v 'sys-img'             \
    | grep -v 'doc'                 \
    | paste -d, -s -
}

main () {
  (while : ; do
  echo 'y'
  sleep 1
  done) | Android update sdk -u -s -a -t "$(needed_packages)"
}

main

一部の部分は、このスレッドの他の回答から取られています。

0
Jokester

SDKをダウンロードしてインストールするRubyスクリプトを作成します。 https://github.com/ayvazj/andenv

0
ayvazj