web-dev-qa-db-ja.com

C#で現在の実行可能ファイルにファイル拡張子を関連付ける方法

C#で現在の実行可能ファイルにファイル拡張子を関連付けたいのですが。このようにして、ユーザーがエクスプローラーでファイルをクリックすると、指定されたファイルを最初の引数として実行可能ファイルが実行されます。理想的には、指定されたファイル拡張子のアイコンを実行可能ファイルのアイコンに設定することも理想的です。皆さんありがとう。

52
Chris

ファイルの関連付けを直接管理するための.Net APIはないようですが、必要なキーの読み取りと書き込みにRegistryクラスを使用できます。

HKEY_CLASSES_ROOTの下に、ファイル拡張子に設定された名前でキーを作成する必要があります(例: ".txt")。このキーのデフォルト値を、「Acme.TextFile」などのファイルタイプの一意の名前に設定します。次に、「Acme.TextFile」に設定された名前で、HKEY_CLASSES_ROOTの下に別のキーを作成します。 「DefaultIcon」というサブキーを追加し、キーのデフォルト値を、このファイルタイプに使用するアイコンを含むファイルに設定します。 「Shell」という別の兄弟を追加します。 「シェル」キーの下に、エクスプローラーコンテキストメニューで使用できる各アクションのキーを追加し、各キーのデフォルト値を実行可能ファイルへのパスに設定し、その後にスペースと「%1」を付けてパスを表します選択したファイルに。

たとえば、次は、.txtファイルとEmEditorの関連付けを作成するサンプルレジストリファイルです。

 Windowsレジストリエディターバージョン5.00 
 
 [HKEY_CLASSES_ROOT\.txt] 
 @ = "emeditor.txt" 
 
 [HKEY_CLASSES_ROOT\emeditor.txt] 
 @ = "テキストドキュメント" 
 
 [HKEY_CLASSES_ROOT\emeditor.txt\DefaultIcon] 
 @ = "%SystemRoot%\\ SysWow64\\ imageres.dll、-102 "
 
 [HKEY_CLASSES_ROOT\emeditor.txt\Shell] 
 
 [HKEY_CLASSES_ROOT\emeditor.txt\Shell\open] 
 
 [HKEY_CLASSES_ROOT\emeditor.txt\Shell\open\command] 
 @ = "\" C:\\ Program Files \\ EmEditor \\ EMEDITOR.EXE\"\"% 1\"" 
 
 [HKEY_CLASSES_ROOT\emeditor.txt\Shell\print] 
 
 [HKEY_CLASSES_ROOT\emeditor.txt\Shell\print\command] 
 @ = "\" C:\\ Program Files \\ EmEditor \\ EMEDITOR.EXE\"/ p \"%1\"" 
40
X-Cubed

また、レジストリを使用する場合は、現在のユーザーの関連付けがHKEY_CURRENT_USER\Software\Classesの下にあることに注意してください。ローカルマシンクラスの代わりにアプリケーションをそこに追加する方が良い場合があります。

プログラムが限定ユーザーによって実行される場合、とにかくCLASSES_ROOTを変更することはできません。

25
Ishmaeel

ClickOnce展開を使用する場合、これはすべて処理されます(少なくとも、VS2008 SP1では)。単に:

  • プロジェクトのプロパティ
  • 公開する
  • オプション
  • ファイルの関連付け
  • (必要なものをすべて追加)

(完全信頼で、.NET 3.5をターゲットとし、オフラインで使用するように設定する必要があることに注意してください)

MSDNも参照してください。 方法:ClickOnceアプリケーションのファイルの関連付けを作成する

12
Marc Gravell

完全な例を次に示します。

public class FileAssociation
{
    public string Extension { get; set; }
    public string ProgId { get; set; }
    public string FileTypeDescription { get; set; }
    public string ExecutableFilePath { get; set; }
}

public class FileAssociations
{
    // needed so that Explorer windows get refreshed after the registry is updated
    [System.Runtime.InteropServices.DllImport("Shell32.dll")]
    private static extern int SHChangeNotify(int eventId, int flags, IntPtr item1, IntPtr item2);

    private const int SHCNE_ASSOCCHANGED = 0x8000000;
    private const int SHCNF_FLUSH = 0x1000;

    public static void EnsureAssociationsSet()
    {
        var filePath = Process.GetCurrentProcess().MainModule.FileName;
        EnsureAssociationsSet(
            new FileAssociation
            {
                Extension = ".binlog",
                ProgId = "MSBuildBinaryLog",
                FileTypeDescription = "MSBuild Binary Log",
                ExecutableFilePath = filePath
            },
            new FileAssociation
            {
                Extension = ".buildlog",
                ProgId = "MSBuildStructuredLog",
                FileTypeDescription = "MSBuild Structured Log",
                ExecutableFilePath = filePath
            });
    }

    public static void EnsureAssociationsSet(params FileAssociation[] associations)
    {
        bool madeChanges = false;
        foreach (var association in associations)
        {
            madeChanges |= SetAssociation(
                association.Extension,
                association.ProgId,
                association.FileTypeDescription,
                association.ExecutableFilePath);
        }

        if (madeChanges)
        {
            SHChangeNotify(SHCNE_ASSOCCHANGED, SHCNF_FLUSH, IntPtr.Zero, IntPtr.Zero);
        }
    }

    public static bool SetAssociation(string extension, string progId, string fileTypeDescription, string applicationFilePath)
    {
        bool madeChanges = false;
        madeChanges |= SetKeyDefaultValue(@"Software\Classes\" + extension, progId);
        madeChanges |= SetKeyDefaultValue(@"Software\Classes\" + progId, fileTypeDescription);
        madeChanges |= SetKeyDefaultValue([email protected]"Software\Classes\{progId}\Shell\open\command", "\"" + applicationFilePath + "\" \"%1\"");
        return madeChanges;
    }

    private static bool SetKeyDefaultValue(string keyPath, string value)
    {
        using (var key = Registry.CurrentUser.CreateSubKey(keyPath))
        {
            if (key.GetValue(null) as string != value)
            {
                key.SetValue(null, value);
                return true;
            }
        }

        return false;
    }
9
Kirill Osenkov

プロジェクトにインストールパッケージを使用しないことを選択する特定の理由があるかもしれませんが、インストールパッケージは、ファイル拡張子の登録、デスクトップショートカットの追加などのアプリケーション構成タスクを簡単に実行するのに最適な場所です。

組み込みのVisual Studioインストールツールを使用してファイル拡張子の関連付けを作成する方法は次のとおりです。

  1. 既存のC#ソリューション内で、新しいプロジェクトを追加し、Other Project Types-> Setup and Deployment-> Setup Projectのプロジェクトタイプを選択します(またはセットアップウィザードを試してください)

  2. インストーラーを構成します(ヘルプが必要な場合は、このための多数の既存のドキュメント)

  3. ソリューションエクスプローラーでセットアッププロジェクトを右クリックし、View-> File Typesを選択し、プログラムと共に登録する拡張機能を追加して実行します。

この方法には、ユーザーがアプリケーションのアンインストールを実行した場合、それ自体をクリーンアップするという追加の利点があります。

7
Paul J

「Windowsレジストリ」の方法に特化するには:

HKEY_CURRENT_USER\Software\Classesの下にキーを作成します(Ishmaeelが言ったように)

x-Cubedが回答した指示に従います。

サンプルコードは次のようになります。

private void Create_abc_FileAssociation()
{
    /***********************************/
    /**** Key1: Create ".abc" entry ****/
    /***********************************/
    Microsoft.Win32.RegistryKey key1 = Microsoft.Win32.Registry.CurrentUser.OpenSubKey("Software", true);

    key1.CreateSubKey("Classes");
    key1 = key1.OpenSubKey("Classes", true);

    key1.CreateSubKey(".abc");
    key1 = key1.OpenSubKey(".abc", true);
    key1.SetValue("", "DemoKeyValue"); // Set default key value

    key1.Close();

    /*******************************************************/
    /**** Key2: Create "DemoKeyValue\DefaultIcon" entry ****/
    /*******************************************************/
    Microsoft.Win32.RegistryKey key2 = Microsoft.Win32.Registry.CurrentUser.OpenSubKey("Software", true);

    key2.CreateSubKey("Classes");
    key2 = key2.OpenSubKey("Classes", true);

    key2.CreateSubKey("DemoKeyValue");
    key2 = key2.OpenSubKey("DemoKeyValue", true);

    key2.CreateSubKey("DefaultIcon");
    key2 = key2.OpenSubKey("DefaultIcon", true);
    key2.SetValue("", "\"" + "(The icon path you desire)" + "\""); // Set default key value

    key2.Close();

    /**************************************************************/
    /**** Key3: Create "DemoKeyValue\Shell\open\command" entry ****/
    /**************************************************************/
    Microsoft.Win32.RegistryKey key3 = Microsoft.Win32.Registry.CurrentUser.OpenSubKey("Software", true);

    key3.CreateSubKey("Classes");
    key3 = key3.OpenSubKey("Classes", true);

    key3.CreateSubKey("DemoKeyValue");
    key3 = key3.OpenSubKey("DemoKeyValue", true);

    key3.CreateSubKey("Shell");
    key3 = key3.OpenSubKey("Shell", true);

    key3.CreateSubKey("open");
    key3 = key3.OpenSubKey("open", true);

    key3.CreateSubKey("command");
    key3 = key3.OpenSubKey("command", true);
    key3.SetValue("", "\"" + "(The application path you desire)" + "\"" + " \"%1\""); // Set default key value

    key3.Close();
}

わかりやすい非常に簡単なデモをご覧ください。これらのキー値を変更することができ、すべてが順調です。

5
Strong

ファイルの関連付けは、レジストリのHKEY_CLASSES_ROOTの下で定義されます。

VB.NETの例があります here 私はあなたがC#に簡単に移植できると思っています。

2
Steve Morgan

以下のコードは機能するはずの関数であり、Windowsレジストリに必要な値を追加します。通常、実行可能ファイルでSelfCreateAssociation( "。abc")を実行します。 (フォームコンストラクターまたはonloadまたはonshown)実行可能ファイルが実行されるたびに、現在のユーザーのレジストリエントリを更新します。 (変更がある場合、デバッグに適しています)。関連するレジストリキーに関する詳細情報が必要な場合は、このMSDNリンクを確認してください。

https://msdn.Microsoft.com/en-us/library/windows/desktop/dd758090(v = vs.85).aspx

一般的なClassesRootレジストリキーに関する詳細情報を取得します。このMSDN記事を参照してください。

https://msdn.Microsoft.com/en-us/library/windows/desktop/ms724475(v = vs.85).aspx

public enum KeyHiveSmall
{
    ClassesRoot,
    CurrentUser,
    LocalMachine,
}

/// <summary>
/// Create an associaten for a file extension in the windows registry
/// CreateAssociation(@"vendor.application",".tmf","Tool file",@"C:\Windows\SYSWOW64\notepad.exe",@"%SystemRoot%\SYSWOW64\notepad.exe,0");
/// </summary>
/// <param name="ProgID">e.g. vendor.application</param>
/// <param name="extension">e.g. .tmf</param>
/// <param name="description">e.g. Tool file</param>
/// <param name="application">e.g.  @"C:\Windows\SYSWOW64\notepad.exe"</param>
/// <param name="icon">@"%SystemRoot%\SYSWOW64\notepad.exe,0"</param>
/// <param name="Hive">e.g. The user-specific settings have priority over the computer settings. KeyHive.LocalMachine  need admin rights</param>
public static void CreateAssociation(string ProgID, string extension, string description, string application, string icon, KeyHiveSmall Hive = KeyHiveSmall.CurrentUser)
{
    RegistryKey selectedKey = null;

    switch (Hive)
    {
        case KeyHiveSmall.ClassesRoot:
            Microsoft.Win32.Registry.ClassesRoot.CreateSubKey(extension).SetValue("", ProgID);
            selectedKey = Microsoft.Win32.Registry.ClassesRoot.CreateSubKey(ProgID);
            break;

        case KeyHiveSmall.CurrentUser:
            Microsoft.Win32.Registry.CurrentUser.CreateSubKey(@"Software\Classes\" + extension).SetValue("", ProgID);
            selectedKey = Microsoft.Win32.Registry.CurrentUser.CreateSubKey(@"Software\Classes\" + ProgID);
            break;

        case KeyHiveSmall.LocalMachine:
            Microsoft.Win32.Registry.LocalMachine.CreateSubKey(@"Software\Classes\" + extension).SetValue("", ProgID);
            selectedKey = Microsoft.Win32.Registry.LocalMachine.CreateSubKey(@"Software\Classes\" + ProgID);
            break;
    }

    if (selectedKey != null)
    {
        if (description != null)
        {
            selectedKey.SetValue("", description);
        }
        if (icon != null)
        {
            selectedKey.CreateSubKey("DefaultIcon").SetValue("", icon, RegistryValueKind.ExpandString);
            selectedKey.CreateSubKey(@"Shell\Open").SetValue("icon", icon, RegistryValueKind.ExpandString);
        }
        if (application != null)
        {
            selectedKey.CreateSubKey(@"Shell\Open\command").SetValue("", "\"" + application + "\"" + " \"%1\"", RegistryValueKind.ExpandString);
        }
    }
    selectedKey.Flush();
    selectedKey.Close();
}

 /// <summary>
    /// Creates a association for current running executable
    /// </summary>
    /// <param name="extension">e.g. .tmf</param>
    /// <param name="Hive">e.g. KeyHive.LocalMachine need admin rights</param>
    /// <param name="description">e.g. Tool file. Displayed in Explorer</param>
    public static void SelfCreateAssociation(string extension, KeyHiveSmall Hive = KeyHiveSmall.CurrentUser, string description = "")
    {
        string ProgID = System.Reflection.Assembly.GetExecutingAssembly().EntryPoint.DeclaringType.FullName;
        string FileLocation = System.Reflection.Assembly.GetExecutingAssembly().Location;
        CreateAssociation(ProgID, extension, description, FileLocation, FileLocation + ",0", Hive);
    }
2
Carsten R.

Windows 7以降、2つのコマンドツールがあり、単純なファイルの関連付けを非常に簡単に作成できます。 assoc および ftype です。各コマンドの基本的な説明を次に示します。

  • Assoc -ファイル拡張子(「.txt」など)を「ファイルタイプ」に関連付けます。
  • FType -ユーザーが特定の「ファイルタイプ」を開いたときに実行する実行可能ファイルを定義します。

これらはcmdツールであり、実行可能ファイル(exe)ではないことに注意してください。つまり、コマンドウィンドウでのみ、または「cmd/c assoc」を指定したShellExecuteを使用して実行できます。リンクについて、または「assoc /?」と入力すると、それらの詳細を確認できます。および「ftype /?」 cmdプロンプトで。

したがって、アプリケーションを.bob拡張子に関連付けるには、cmdウィンドウを開き(WindowKey + R、cmdと入力してEnterキーを押します)、次を実行します。

assoc .bob=BobFile
ftype BobFile=c:\temp\BobView.exe "%1"

これは、レジストリをいじるよりもはるかに簡単であり、将来のWindowsバージョンで動作する可能性が高くなります。

まとめて、ファイルの関連付けを作成するC#関数を次に示します。

public static int setFileAssociation(string[] extensions, string fileType, string openCommandString) {
    int v = execute("cmd", "/c ftype " + fileType + "=" + openCommandString);
    foreach (string ext in extensions) {
        v = execute("cmd", "/c assoc " + ext + "=" + fileType);
        if (v != 0) return v;
    }
    return v;
}
public static int execute(string exeFilename, string arguments) {
    ProcessStartInfo startInfo = new ProcessStartInfo();
    startInfo.CreateNoWindow = false;
    startInfo.UseShellExecute = true;
    startInfo.FileName = exeFilename;
    startInfo.WindowStyle = ProcessWindowStyle.Hidden;
    startInfo.Arguments = arguments;
    try {
        using (Process exeProcess = Process.Start(startInfo)) {
            exeProcess.WaitForExit();
            return exeProcess.ExitCode;
        }
    } catch {
        return 1;
    }
}
0
Mike