web-dev-qa-db-ja.com

ENABLE_BITCODEはxcode 7で何をするのですか?

埋め込みビットコード用語に問題があります。
埋め込みビットコードとは何ですか?
いつ有効にするか、新しいXcodeでENABLE_BITCODE
Xcode 7のENABLE_BITCODEを有効にするとどうなりますか?

253
damithH

ビットコード は、iTunes Connectに送信されるコードの種類を表す「LLVMビットコード」です。これにより、Appleは特定の計算を使用してアプリをさらに最適化し直すことができます(例:実行可能ファイルのサイズを縮小するなど)。 Appleがあなたの実行可能ファイルを変更する必要があるならば、彼らは新しいビルドがアップロードされることなくこれを行うことができます。

これは以下とは異なります。 スライス Appleは、デバイスの解像度とアーキテクチャに基づいて、ユーザーのデバイス用にアプリを最適化します。スライスはビットコードを必要としません。 (例:5秒で@ 2x画像のみ含む)

アプリ間引き は、スライス、ビットコード、およびオンデマンドリソースの組み合わせです。

ビットコードはコンパイルされたプログラムの中間表現です。 iTunes Connectにアップロードしたビットコードを含むアプリは、App Storeでコンパイルおよびリンクされます。ビットコードを含めると、Appleは新しいバージョンのアプリをストアに送信しなくても、将来的にアプリのバイナリを再最適化できるようになります。

アプリ間引きに関するアップルのドキュメント

295
kezi

埋め込みビットコードとは何ですか?

docs :によると

ビットコードはコンパイルされたプログラムの中間表現です。 iTunes Connectにアップロードしたビットコードを含むアプリは、App Storeでコンパイルおよびリンクされます。ビットコードを含めると、Appleは新しいバージョンのアプリをストアに送信しなくても、将来的にアプリのバイナリを再最適化できるようになります。

更新: このフレーズは "Xcode 7の新機能"にあります /アプリのサイズを縮小するにはBitcodeSlicingに必要であると長い間考えさせられました。

App Storeへの提出用にアーカイブすると、Xcodeはあなたのアプリを中間表現にコンパイルします。 App Storeはその後、必要に応じてビットコードを64または32ビットの実行可能ファイルにコンパイルします。

BitcodeSlicingは独立して動作します。Slicingはアプリサイズの縮小とアプリバンドルバリアントの生成に関するもので、Bitcodeは特定のバイナリ最適化に関するものです。私はこれをビットコード以外のアプリの実行ファイルに含まれているアーキテクチャをチェックし、必要なものだけが含まれていることを確認することによって検証しました。

Bitcodeは、Slicingと呼ばれる他のApp Thinningコンポーネントが、特定のアーキテクチャ用の特定の実行ファイルを含むアプリケーションバンドルバリアントを生成することを可能にします。 iPhone 5S版には、arm64実行可能ファイル、iPad Mini armv7などしか含まれません。

新しいXcodeでENABLE_BITCODEを有効にする場合

IOSアプリの場合、ビットコードがデフォルトですが、オプションです。ビットコードを提供する場合は、アプリバンドル内のすべてのアプリとフレームワークにビットコードを含める必要があります。 watchOSおよびtvOSアプリの場合、ビットコードが必要です。

新しいXcodeでENABLE_BITCODEが有効になっていると、バイナリはどうなりますか?

Xcode 7の参照から

この設定を有効にすると、ターゲットまたはプロジェクトは、それをサポートするプラットフォームおよびアーキテクチャのコンパイル中にビットコードを生成するようになります。アーカイブビルドの場合、アプリストアに送信するために、リンクされたバイナリでビットコードが生成されます。他のビルドでは、コンパイラとリンカは、コードがビットコード生成の要件を満たしているかどうかをチェックしますが、実際のビットコードは生成しません。

Bitcodeを深く理解するのに役立つリンクがいくつかあります。

78
Maxim Pavlov

正確な質問は「ビットコードを有効にするにはどうすればよいか」であるため、これまでにわかったいくつかの薄い技術的な詳細を説明したいと思います。このほとんどは、Appleがこのコンパイラのソースコードをリリースするまで、100%の確実性で把握することは事実上不可能です。

まず、AppleのビットコードはLLVMバイトコードと同じものではない表示されない。少なくとも、それらの類似点を理解することはできませんでした。独自のヘッダー(常に「xar!」で始まる)と、おそらくデータの重複を防ぐリンク時の参照マジックがあるようです。ハードコードされた文字列を書き出す場合、この文字列は通常のLLVMバイトコードの場合に予想される2回ではなく、1回だけデータに挿入されます。

第二に、ビットコードは、予想されるように、独立したアーキテクチャとしてバイナリアーカイブに実際には含まれていません。 x86とARMを1つのバイナリ(FATアーカイブ)に入れるのと同じ方法では出荷されません。代わりに、サポートされる(つまり複製される)すべてのアーキテクチャに付属する「__LLVM」という名前の、アーキテクチャ固有のMachOバイナリの特別なセクションを使用します。私はこれが彼らのコンパイラシステムの短所であり、重複を避けるために将来修正されるかもしれないと思います。

Cコード(clang -fembed-bitcode hi.c -S -emit-llvmでコンパイル):

#include <stdio.h>

int main() {
    printf("hi there!");
    return 0;
}

LLVM IR出力:

; ModuleID = '/var/folders/rd/sv6v2_f50nzbrn4f64gnd4gh0000gq/T/hi-a8c16c.bc'
target datalayout = "e-m:o-i64:64-f80:128-n8:16:32:64-S128"
target triple = "x86_64-Apple-macosx10.10.0"

@.str = private unnamed_addr constant [10 x i8] c"hi there!\00", align 1
@llvm.embedded.module = appending constant [1600 x i8] c"\DE\C0\17\0B\00\00\00\00\14\00\00\00$\06\00\00\07\00\00\01BC\C0\DE!\0C\00\00\86\01\00\00\0B\82 \00\02\00\00\00\12\00\00\00\07\81#\91A\C8\04I\06\1029\92\01\84\0C%\05\08\19\1E\04\8Bb\80\10E\02B\92\0BB\84\102\148\08\18I\0A2D$H\0A\90!#\C4R\80\0C\19!r$\07\C8\08\11b\A8\A0\[email protected]\C6\F0\01\00\00\00Q\18\00\00\C7\00\00\00\1Bp$\F8\FF\FF\FF\FF\01\90\00\0D\08\03\82\1D\CAa\1E\E6\A1\0D\E0A\1E\CAa\1C\D2a\1E\CA\A1\0D\CC\01\1E\DA!\1C\C8\010\87p`\87y(\07\80p\87wh\03s\90\87ph\87rh\03xx\87tp\07z(\07yh\83r`\87th\07\80\1E\E4\A1\1E\CA\01\18\DC\E1\1D\DA\C0\1C\E4!\1C\DA\A1\1C\DA\00\1E\DE!\1D\DC\81\1E\CAA\1E\DA\A0\1C\D8!\1D\DA\A1\0D\DC\E1\1D\DC\A1\0D\D8\A1\1C\C2\C1\1C\00\C2\1D\DE\A1\0D\D2\C1\1D\CCa\1E\DA\C0\1C\E0\A1\0D\DA!\1C\E8\01\1D\00s\08\07v\98\87r\00\08wx\876p\87pp\87yh\03s\80\876h\87p\A0\07t\00\CC!\1C\D8a\1E\CA\01 \E6\81\1E\C2a\1C\D6\A1\0D\E0A\1E\DE\81\1E\CAa\1C\E8\E1\1D\E4\A1\0D\C4\A1\1E\CC\C1\1C\CAA\1E\DA`\1E\D2A\1F\CA\01\C0\03\80\A0\87p\90\87s(\07zh\83q\80\87z\00\C6\E1\1D\E4\A1\1C\E4\00 \E8!\1C\E4\E1\1C\CA\81\1E\DA\C0\1C\CA!\1C\E8\A1\1E\E4\A1\1C\E6\01X\83y\98\87y(\879`\835\18\07|\88\03;`\835\98\87y(\076X\83y\98\87r\90\036X\83y\98\87r\98\03\80\A8\07w\98\87p0\87rh\03s\80\876h\87p\A0\07t\00\CC!\1C\D8a\1E\CA\01 \EAa\1E\CA\A1\0D\E6\E1\1D\CC\81\1E\DA\C0\1C\D8\E1\1D\C2\81\1E\00s\08\07v\98\87r\006\C8\88\F0\FF\FF\FF\FF\03\C1\0E\E50\0F\F3\D0\06\F0 \0F\E50\0E\E90\0F\E5\D0\06\E6\00\0F\ED\10\0E\E4\00\98C8\B0\C3<\94\[email protected]\B8\C3;\B4\819\C8C8\B4C9\B4\01<\BCC:\B8\03=\94\83<\B4A9\B0C:\B4\[email protected]\0F\F2P\0F\E5\00\0C\EE\F0\0Em`\0E\F2\10\0E\EDP\0Em\00\0F\EF\90\0E\[email protected]\0F\E5 \0FmP\0E\EC\90\0E\ED\D0\06\EE\F0\0E\EE\D0\06\ECP\0E\E1`\0E\00\E1\0E\EF\D0\06\E9\E0\0E\E60\0Fm`\0E\F0\D0\06\ED\10\0E\F4\80\0E\809\84\03;\CCC9\00\84;\BCC\1B\B8C8\B8\C3<\B4\819\C0C\1B\B4C8\D0\03:\00\E6\10\0E\EC0\0F\E5\00\10\[email protected]\0F\E10\0E\EB\D0\06\F0 \0F\[email protected]\0F\E50\0E\F4\F0\0E\F2\D0\06\E2P\0F\E6`\0E\E5 \0Fm0\0F\E9\A0\0F\E5\00\E0\[email protected]\D0C8\C8\C39\94\03=\B4\C18\C0C=\00\E3\F0\0E\F2P\0Er\00\10\F4\10\0E\F2p\0E\[email protected]\0Fm`\0E\E5\10\0E\F4P\0F\F2P\0E\F3\00\AC\C1<\CC\C3<\94\C3\1C\B0\C1\1A\8C\03>\C4\81\1D\B0\C1\1A\CC\C3<\94\03\1B\AC\C1<\CCC9\C8\01\1B\AC\C1<\CCC9\CC\[email protected]\D4\83;\CCC8\98C9\B4\819\C0C\1B\B4C8\D0\03:\00\E6\10\0E\EC0\0F\E5\00\10\F50\0F\E5\D0\06\F3\F0\0E\[email protected]\0Fm`\0E\EC\F0\0E\[email protected]\0F\809\84\03;\CCC9\00\00I\18\00\00\02\00\00\00\13\82`B \00\00\00\89 \00\00\0D\00\00\002\22\08\09 d\85\04\13\22\A4\84\04\13\22\E3\84\A1\90\14\12L\88\8C\0B\84\84L\100s\04H*\00\C5\1C\01\18\94`\88\08\AA0F7\[email protected]\02\00\134|\C0\03;\F8\05;\A0\836\08\07x\80\07v(\876h\87p\18\87w\98\07|\88\038p\838\80\037\80\83\0DeP\0Em\D0\0Ez\F0\0Em\90\[email protected]\07z`\07t\D0\06\E6\80\07p\A0\07q \07x\D0\06\EE\80\07z\10\07v\A0\07s \07z`\07t\D0\06\B3\10\07r\80\07:\0FDH #EB\80\1D\8C\10\18I\00\[email protected]\00\00\C0\10\A7\00\00 \00\00\00\00\00\00\00\868\08\10\00\02\00\00\00\00\00\00\90\05\02\00\00\08\00\00\002\1E\98\0C\19\11L\90\8C\09&G\C6\04C\9A\22(\01\0AM\D0i\10\1D]\96\97C\00\00\00y\18\00\00\1C\00\00\00\1A\03L\90F\02\134A\18\08&PIC Level\13\84a\D80\04\C2\C05\08\82\83c+\03ab\B2j\02\B1+\93\9BK{s\03\B9q\81q\81\01A\19c\0Bs;k\B9\81\81q\81q\A9\99q\99I\D9\10\14\8D\D8\D8\EC\DA\5C\DA\DE\C8\EA\D8\CA\5C\CC\D8\C2\CE\E6\A6\04C\1566\BB6\974\B227\BA)A\01\00y\18\00\002\00\00\003\08\80\1C\C4\E1\1Cf\14\01=\88C8\84\C3\8CB\80\07yx\07s\98q\0C\E6\00\0F\ED\10\0E\F4\80\0E3\0CB\1E\C2\C1\1D\CE\A1\1Cf0\05=\88C8\84\83\1B\CC\03=\C8C=\8C\03=\CCx\8Ctp\07{\08\07yH\87pp\07zp\03vx\87p \87\19\CC\11\0E\EC\90\0E\E10\0Fn0\0F\E3\F0\0E\F0P\0E3\10\C4\1D\DE!\1C\D8!\1D\C2a\1Ef0\89;\BC\83;\D0C9\B4\03<\BC\83<\84\03;\CC\F0\14v`\07{h\077h\87rh\077\80\87p\90\87p`\07v(\07v\F8\05vx\87w\80\87_\08\87q\18\87r\98\87y\98\81,\EE\F0\0E\EE\E0\0E\F5\C0\0E\EC\00q \00\00\05\00\00\00&`<\11\D2L\85\05\10\0C\804\[email protected]\F8\D2\14\01\00\00a \00\00\0B\00\00\00\13\04A,\10\00\00\00\03\00\00\004#\00dC\19\020\18\83\01\003\11\[email protected]\0C\83\11\C1\00\00#\06\04\00\1CB\12\00\00\00\00\00\00\00\00\00\00\00\00\00\00\00", section "__LLVM,__bitcode"
@llvm.cmdline = appending constant [67 x i8] c"-triple\00x86_64-Apple-macosx10.10.0\00-emit-llvm\00-disable-llvm-optzns\00", section "__LLVM,__cmdline"

; Function Attrs: nounwind ssp uwtable
define i32 @main() #0 {
  %1 = alloca i32, align 4
  store i32 0, i32* %1
  %2 = call i32 (i8*, ...)* @printf(i8* getelementptr inbounds ([10 x i8]* @.str, i32 0, i32 0))
  ret i32 0
}

declare i32 @printf(i8*, ...) #1

attributes #0 = { nounwind ssp uwtable "less-precise-fpmad"="false" "no-frame-pointer-elim"="true" "no-frame-pointer-elim-non-leaf" "no-infs-fp-math"="false" "no-nans-fp-math"="false" "stack-protector-buffer-size"="8" "target-cpu"="core2" "target-features"="+ssse3,+cx16,+sse,+sse2,+sse3" "unsafe-fp-math"="false" "use-soft-float"="false" }
attributes #1 = { "less-precise-fpmad"="false" "no-frame-pointer-elim"="true" "no-frame-pointer-elim-non-leaf" "no-infs-fp-math"="false" "no-nans-fp-math"="false" "stack-protector-buffer-size"="8" "target-cpu"="core2" "target-features"="+ssse3,+cx16,+sse,+sse2,+sse3" "unsafe-fp-math"="false" "use-soft-float"="false" }

!llvm.module.flags = !{!0}
!llvm.ident = !{!1}

!0 = !{i32 1, !"PIC Level", i32 2}
!1 = !{!"Apple LLVM version 7.0.0 (clang-700.0.53.3)"}

IRにあるデータ配列も、clangの最適化およびその他のコード生成設定に応じて変わります。これがどのようなフォーマットまたは何かであるかは私には完全に不明です。

編集:

Twitterのヒントに従って、これを再確認し、確認することにしました。 このブログ投稿 に従い、ビットコード抽出ツールを使用して、MachO実行可能ファイルからApple Archiveバイナリを取得しました。そして、xarユーティリティでApple Archiveを抽出した後、これを得ました(もちろんllvm-disでテキストに変換されました)

; ModuleID = '1'
target datalayout = "e-m:o-i64:64-f80:128-n8:16:32:64-S128"
target triple = "x86_64-Apple-macosx10.10.0"

@.str = private unnamed_addr constant [10 x i8] c"hi there!\00", align 1

; Function Attrs: nounwind ssp uwtable
define i32 @main() #0 {
  %1 = alloca i32, align 4
  store i32 0, i32* %1
  %2 = call i32 (i8*, ...) @printf(i8* getelementptr inbounds ([10 x i8], [10 x i8]* @.str, i32 0, i32 0))
  ret i32 0
}

declare i32 @printf(i8*, ...) #1

attributes #0 = { nounwind ssp uwtable "less-precise-fpmad"="false" "no-frame-pointer-elim"="true" "no-frame-pointer-elim-non-leaf" "no-infs-fp-math"="false" "no-nans-fp-math"="false" "stack-protector-buffer-size"="8" "target-cpu"="core2" "target-features"="+ssse3,+cx16,+sse,+sse2,+sse3" "unsafe-fp-math"="false" "use-soft-float"="false" }
attributes #1 = { "less-precise-fpmad"="false" "no-frame-pointer-elim"="true" "no-frame-pointer-elim-non-leaf" "no-infs-fp-math"="false" "no-nans-fp-math"="false" "stack-protector-buffer-size"="8" "target-cpu"="core2" "target-features"="+ssse3,+cx16,+sse,+sse2,+sse3" "unsafe-fp-math"="false" "use-soft-float"="false" }

!llvm.module.flags = !{!0}
!llvm.ident = !{!1}

!0 = !{i32 1, !"PIC Level", i32 2}
!1 = !{!"Apple LLVM version 7.0.0 (clang-700.1.76)"}

非ビットコードIRとビットコードIRの実際の唯一の顕著な違いは、各アーキテクチャでファイル名が1、2などに削除されていることです。

また、最適化後にバイナリに埋め込まれたビットコードが生成されることも確認しました。 -O3でコンパイルしてビットコードを抽出する場合、-O0でコンパイルする場合とは異なります。

また、追加のクレジットを取得するために、iOS 9アプリをダウンロードするときにAppleがデバイスにビットコードを出荷しないことも確認しました。 __LINKEDITのように認識されない他の多くの奇妙なセクションが含まれていますが、__ LLVM .__ bundleは含まれていないため、デバイスで実行される最終バイナリにビットコードが含まれているようには見えません。奇妙なことに、Appleは依然として、個別の32/64ビットコードを含むファットバイナリをiOS 8デバイスに出荷しています。

19
Earlz

ビットコード(iOS、watchOS)

ビットコードはコンパイルされたプログラムの中間表現です。 iTunes Connectにアップロードしたビットコードを含むアプリは、App Storeでコンパイルおよびリンクされます。ビットコードを含めると、Appleは新しいバージョンのアプリをストアに送信しなくても、将来的にアプリのバイナリを再最適化できるようになります。


基本的にこの概念は、バイトコードが異なるJVMで実行されるJavaとやや似ています。この場合、ビットコードはiTuneストアに配置され、中間コードを異なるプラットフォーム(デバイス)に渡す代わりに、不要なコンパイルコードを提供します。実行する仮想マシン.

したがって、我々は一度ビットコードを作成する必要があります、そしてそれは既存または来ているデバイスに利用可能になるでしょう。 Appleが持っている各プラットフォームと互換性のあるmakeをコンパイルするのはAppleの頭痛の種です。

新しいプラットフォームをサポートするために、開発者が変更を加えてアプリを再度送信する必要はありません。

Appleがその中にx64チップを導入したときのiPhone 5sの例 を取りましょう。 x86アプリはx64アーキテクチャーと完全に互換性がありますが、x64プラットフォームを十分に活用するには、開発者はアーキテクチャーまたはコードを変更する必要があります。完了すると、アプリはレビューのためにApp Storeに送信されます。

このビットコードの概念が以前に開始された場合、開発者はx64ビットアーキテクチャをサポートするために変更を加える必要はありません。

12

更新

スライスがビットコードを有効にすることとは無関係に行われることを Appleが明確化しました 。私は実際にはこれを観察しました。そこでは非ビットコード対応のアプリがターゲットデバイスに適したアーキテクチャとしてのみダウンロードされるでしょう。

オリジナル

すなわち

ビットコード中間表現でApp Storeに送信するためにアプリをアーカイブします。中間表現は、配信時にターゲットデバイス用の64ビットまたは32ビットの実行可能ファイルにコンパイルされます。

スライシングアセットカタログに組み込まれ、プラットフォーム用にタグ付けされたアートワークは、App Storeでインストールに必要なものだけを配信できます。

私がこれを読む方法、あなたがビットコードをサポートするならば、あなたのアプリのダウンローダは彼ら自身の装置に必要なコンパイルされたアーキテクチャを得るだけでしょう。

4
Ben Flynn