web-dev-qa-db-ja.com

Mac OS XのUbuntuの "tree"コマンドに相当

Mac OS X用のUbuntu treeコマンド に相当するものはありますか?

303
Misha Moroshko

MacOSでもtreeコマンドを入手できます。自作 自作語 がある場合は、実行するだけです。

brew install tree

詳細は読んでください。


パッケージマネージャを使って

MacOSにはいくつかのパッケージマネージャがあります。最も人気のあるものは次のとおりです。 自作MacPorts 、または フィンク 。どちらでもインストールできますが、Homebrewをお勧めします。同時にこれらを複数インストールしないでください。

Webサイトの指示に従って、選択したパッケージマネージャに応じて、次のいずれかのコマンドを実行します。

自作の場合:

brew install tree

MacPortsの場合:

Sudo port install tree

Finkの場合:

fink install tree

パッケージマネージャは、デフォルトでmacOSに付属していないGNU/Linuxプログラムを含む他のコマンドラインプログラムを提供します。

ソースからのインストール

まず、xcode-select --installを実行してXcodeコマンドラインツールをインストールする必要があります。

次に、 treeソースをダウンロードします 。それから Makefileを動作させるために変更します 。これについては下記の @ apuche's answer LinuxのオプションをコメントアウトしてmacOSのオプションをコメント解除するだけで十分です。

次に、./configureを実行してからmakeを実行します。

今度はtreeバイナリファイルをあなたの実行可能パスにある場所に移動しなければなりません。例えば:

Sudo mkdir -p /usr/local/bin
Sudo cp tree /usr/local/bin/tree

今すぐあなたの~/.bash_profileを編集してください:

export PATH="/usr/local/bin:$PATH"

シェルをリロードすると、which tree/usr/local/bin/treeを指すようになります。

423
slhck

まったく同じではありませんが、Macでの簡単な方法は次のとおりです。

find .

以上です。現在のディレクトリ内のすべてのファイルパスをリストとして表示します。

31

あなたはおそらく 自作 を使うべきです。もしあなたがそうするなら:

brew install tree
21
nichochar

管理者がbrewfinkportのいずれのツールもインストールさせない場合は、いつでもソースから構築できます。

curl -O ftp://mama.indstate.edu/linux/tree/tree-1.5.3.tgz
tar xzvf tree-1.5.3.tgz
cd tree-1.5.3/
ls -al

Makefileを編集してlinux partをコメントアウトし、osx areaのコメントを外します。

# Linux defaults:
#CFLAGS=-ggdb -Wall -DLINUX -D_LARGEFILE64_SOURCE -D_FILE_OFFSET_BITS=64
#CFLAGS=-O2 -Wall -fomit-frame-pointer -DLINUX -D_LARGEFILE64_SOURCE -D_FILE_OFFSET_BITS=64
#LDFLAGS=-s

# Uncomment for OS X:
CC=cc
CFLAGS=-O2 -Wall -fomit-frame-pointer -no-cpp-precomp
LDFLAGS=
XOBJS=strverscmp.o

オプション:カラー出力を強制する

あなたがそれをしている間、もしあなたがtreeが常に出力をカラー化することを強制したいなら、あなたはいつでもtree.cファイルのmainメソッドを編集し、setLocale(LC_TYPE,"");の前にforce_color=TRUE;を追加することができます。

最後にmakeを押すと、treeをMac用にビルドしました。

彼のブログでの彼の最初の投稿については、Tributeが Shaun Chapman に行きます。

21
apouche

正式なtreeコマンド自体はありませんが、これを行うことができます。

次のスクリプトを/ usr/local/bin/treeに保存します。

#!/bin/bash

SEDMAGIC='s;[^/]*/;|____;g;s;____|; |;g'

if [ "$#" -gt 0 ] ; then
   dirlist="[email protected]"
else
   dirlist="."
fi

for x in $dirlist; do
     find "$x" -print | sed -e "$SEDMAGIC"
done

実行できるように権限を変更します。

chmod 755 /usr/local/bin/tree 

もちろん/usr/local/binを作成する必要があるかもしれません:

Sudo mkdir -p /usr/local/bin/tree 
18
Ahmed Masud

findawkを使用した代替方法:

#!/bin/bash
find . -print 2>/dev/null | awk '!/\.$/ { \
    for (i=1; i<NF; i++) { \
        printf("%4s", "|") \
    } \
    print "-- "$NF \
}' FS='/'
5
jweyrich

私はここで簡単な解決策を見つけました: http://murphymac.com/tree-command-for-mac/

それで、あなたの.bashrc.bash_profileまたは他の場所に以下を加えることはそれを働かせるでしょう:

alias tree="find . -print | sed -e 's;[^/]*/;|____;g;s;____|; |;g'"

treeコマンドを追加すると、このように表示されます。

# ~/my-html-app [13:03:45]$ tree
.
|____app.js
|____css
| |____main.css
| |____theme.css
|____index.html
3

OSX El Capitan rootless 機能のために @ apuche's answer に小さな点を追加する。 make installディレクトリへの書き込みが許可されていないため、/usr/binは失敗します。

[email protected]:~/Downloads/tree-1.7.0$ Sudo make install
Password:
install -d /usr/bin
install: chmod 755 /usr/bin: Operation not permitted
install -d /usr/share/man/man1
if [ -e tree ]; then \
        install tree /usr/bin/tree; \
    fi
install: /usr/bin/tree: Operation not permitted
make: *** [install] Error 71
[email protected]:~/Downloads/tree-1.7.0$

これを克服するには、Makefileを編集してprefix = /usr/localを指定します。

3
vikas027

Terminal.appで使用するために、〜/ .bash_profileに以下を追加しました。 findがどのように使われているかを思い出すのを助けるために、いくつかのコメントが含まれています。

##########
## tree ##
##########
## example ...
#|____Cycles
#| |____.DS_Store
#| |____CyclesCards.json
#| |____Carbon
#| | |____Carbon.json
# alternate: alias tree='find . -print | sed -e "s;[^/]*/;|____;g;s;____|; |;g"'
# use$ tree ; tree . ; tree [some-folder-path]
function tree {
    find ${1:-.} -print | sed -e 's;[^/]*/;|____;g;s;____|; |;g'
}

現在のディレクトリの例

$> tree

いくつかのパスの例

$> tree /some/path
2
l --marc l

これは、便利なメタデータとともにNice Unicodeツリーを生成するRubyスクリプトソリューションです。

#!/usr/bin/env Ruby
def tree_hierarchy( root, &children )
  queue = [[root,"",true]]
  [].tap do |results|
    until queue.empty?
      item,indent,last = queue.pop
      kids = children[item]
      extra = indent.empty? ? '' : last ? '└╴' : '├╴'
      results << [ indent+extra, item ]
      results << [ indent, nil ] if last and kids.empty?
      indent += last ? '  ' : '│ '
      parts = kids.map{ |k| [k,indent,false] }.reverse
      parts.first[2] = true unless parts.empty?
      queue.concat parts
    end
  end
end
def tree(dir)
  cols = tree_hierarchy(File.expand_path(dir)) do |d|
    File.directory?(d) ? Dir.chdir(d){ Dir['*'].map(&File.method(:expand_path)) } : []
  end.map do |indent,path|
    if path
      file = File.basename(path) + File.directory?(path) ? '/' : ''
      meta = `ls -lhd "#{path}"`.split(/\s+/)
      [ [indent,file].join, meta[0], meta[4], "%s %-2s %s" % meta[5..7] ]
    else
      [indent]
    end
  end
  maxs = cols.first.Zip(*(cols[1..-1])).map{ |c| c.compact.map(&:length).max }
  tmpl = maxs.map.with_index{ |n,i| "%#{'-' if cols[0][i][/^\D/]}#{n}s" }.join('  ')
  cols.map{ |a| a.length==1 ? a.first : tmpl % a }
end
puts tree(ARGV.first || ".") if __FILE__==$0

meta = …行を変更して表示するさまざまなメタデータを抽出し、次の行で分割部分を選択することができます。もう少し手を加えると、表示するメタデータを選択するために任意のls引数を渡すことができます。

出力例(OS X端末では、Stack Overflowのフォントよりもきれいに見えます)。

phrogz$ tree UCC_IVI/
UCC_IVI/                               drwxr-xr-x  510B  Nov 20 11:07
  ├╴docs/                              drwxr-xr-x  102B  Nov 20 19:21
  │ └╴CANMessages.txt                  -rwxr-xr-x  2.2K  Nov 20 19:21
  │ 
  ├╴effects/                           drwxr-xr-x  204B  Nov 19 17:19
  │ ├╴Depth Of Field HQ Blur.effect    -rwxr-xr-x  2.4K  Nov 19 17:19
  │ ├╴FXAA.effect                      -rwxr-xr-x  1.6K  Nov 17 15:38
  │ ├╴HDRBloomTonemap.effect           -rwxr-xr-x   11K  Nov 17 15:38
  │ └╴SMAA1X.effect                    -rwxr-xr-x  4.4K  Nov 19 17:19
  │ 
  ├╴fonts/                             drwxr-xr-x  136B  Nov 17 15:38
  │ ├╴Arimo-Regular.ttf                -rwxr-xr-x   43K  Nov 17 15:38
  │ └╴OFL.txt                          -rwxr-xr-x  4.3K  Nov 17 15:38
  │ 
  ├╴maps/                              drwxr-xr-x  238B  Nov 19 17:19
  │ ├╴alpha-maps/                      drwxr-xr-x  136B  Nov 17 15:38
  │ │ ├╴rounded-boxes-3.png            -rwxr-xr-x  3.6K  Nov 17 15:38
  │ │ └╴splatter-1.png                 -rwxr-xr-x   35K  Nov 17 15:38
  │ │ 
  │ ├╴effects/                         drwxr-xr-x  136B  Nov 19 17:19
  │ │ ├╴AreaTex-yflipped.dds           -rwxr-xr-x  175K  Nov 19 17:19
  │ │ └╴SearchTex-yflipped.png         -rwxr-xr-x  180B  Nov 19 17:19
  │ │ 
  │ ├╴IBL/                             drwxr-xr-x  136B  Nov 17 15:38
  │ │ ├╴028-hangar.hdr                 -rwxr-xr-x  1.5M  Nov 17 15:38
  │ │ └╴FieldAirport.hdr               -rwxr-xr-x  1.5M  Nov 17 15:38
  │ │ 
  │ ├╴icons/                           drwxr-xr-x  238B  Nov 19 17:19
  │ │ ├╴icon_climate.dds               -rwxr-xr-x  683K  Nov 19 17:19
  │ │ ├╴icon_music.dds                 -rwxr-xr-x  683K  Nov 19 17:19
  │ │ ├╴icon_navigation.dds            -rwxr-xr-x  683K  Nov 19 17:19
  │ │ ├╴icon_phone.dds                 -rwxr-xr-x  683K  Nov 19 17:19
  │ │ └╴icon_surroundView.dds          -rwxr-xr-x  683K  Nov 19 17:19
  │ │ 
  │ └╴materials/                       drwxr-xr-x  102B  Nov 19 17:19
  │   └╴spherical_checker.png          -rwxr-xr-x   11K  Nov 19 17:19
  │   
  ├╴materials/                         drwxr-xr-x  102B  Nov 19 17:19
  │ └╴thin_glass_refractive.material   -rwxr-xr-x  6.0K  Nov 19 17:19
  │ 
  ├╴models/                            drwxr-xr-x  136B  Nov 19 17:19
  │ ├╴BokehParticle/                   drwxr-xr-x  136B  Nov 19 17:19
  │ │ ├╴BokehParticle.import           -rwxr-xr-x  739B  Nov 19 17:19
  │ │ └╴meshes/                        drwxr-xr-x  102B  Nov 19 17:19
  │ │   └╴Mesh.mesh                    -rwxr-xr-x  1.1K  Nov 19 17:19
  │ │   
  │ └╴Glass_Button/                    drwxr-xr-x  136B  Nov 19 17:19
  │   ├╴Glass_Button.import            -rwxr-xr-x  1.2K  Nov 19 17:19
  │   └╴meshes/                        drwxr-xr-x  136B  Nov 19 17:19
  │     ├╴GlassButton.mesh             -rwxr-xr-x   44K  Nov 19 17:19
  │     └╴Icon.mesh                    -rwxr-xr-x  1.8K  Nov 19 17:19
  │     
  ├╴scripts/                           drwxr-xr-x  204B  Nov 19 17:19
  │ ├╴App.lua                          -rwxr-xr-x  764B  Nov 17 15:38
  │ ├╴CANSim.lua                       -rwxr-xr-x   29K  Nov 17 15:38
  │ ├╴ObjectWiggler.lua                -rwxr-xr-x  3.7K  Nov 19 17:19
  │ └╴PathWiggler.lua                  -rwxr-xr-x  2.9K  Nov 17 15:38
  │ 
  ├╴states/                            drwxr-xr-x  170B  Nov 19 18:45
  │ ├╴app-camera.scxml                 -rwxr-xr-x  2.4K  Nov 20 11:07
  │ ├╴app-navigation.scxml             -rwxr-xr-x  590B  Nov 19 18:32
  │ └╴logic.scxml                      -rwxr-xr-x  4.2K  Nov 19 18:59
  │ 
  ├╴tests/                             drwxr-xr-x  102B  Nov 17 15:38
  │ └╴interface-navigation.scxml-test  -rwxr-xr-x   83B  Nov 17 15:38
  │ 
  ├╴UCC_IVI.uia                        -rwxr-xr-x  630B  Nov 19 17:32
  ├╴UCC_IVI.uia-user                   -rwxr-xr-x  832B  Nov 20 17:22
  ├╴UCC_IVI.uip                        -rwxr-xr-x  1.5K  Nov 17 15:38
  └╴UCC_Menu.uip                       -rwxr-xr-x   33K  Nov 19 17:19
2
Phrogz

それはGNUツリーほどきれいではありません...しかしbashでエイリアスするのは本当に簡単です...あなたはosxのls色にGオプションを付け加えることによって少し色を加えることさえできます。

alias tree='find . -type d | ls -lARG'
1
Eddie B

ゲームに遅れたが、私は同じ質問をした。職場の制限により、私はソースからあるいはサードパーティのパッケージマネージャを介してパッケージをインストールすることができませんでした。

これは私の実装です:

# Faux tree command in OS X                                      

#####################################################################
# tree
# Recursive directory/file listing of present working directory 
#
# tree /Users/foo/foo_dir
# Recursive directory/file listing of named directory, e.g foo_dir
#
# tree /System/Library/ 2
# Recursive directory/file listing of named directory, 
# with-user defined depth of recursion, e.g. 2 
#####################################################################

tree ()
{
    [ -n "$2" ] && local depth="-maxdepth $2";
    find "${1:-.}" ${depth} -print 2> /dev/null | sed -e 's;[^/]*/;|____;g;s;____|; |;g'
}

単に/Users/foo/.profileまたは.bash_profileに関数を追加してから、プロファイルをsource .profileまたは:source .bash_profileでリフレッシュするだけです。

0
marshki
  1. Xcodeをインストールする

  2. コマンドラインツールを入手する

xcode-select --install
  1. 自作をインストール
Ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"
  1. ツリーをインストール
brew install tree
0
KunMing Xie