web-dev-qa-db-ja.com

リターンコード= -111で失敗したcifs_mountは何を示していますか?

コマンド:

Sudo mount -t cifs //<server>/<share> -o [email protected],password=**** /mnt/<mountpoint>

エラーメッセージ:

Unable to find suitable address.

syslogには:

CIFS VFS: Error connecting to socket. Aborting operation. CIFS VFS: cifs_mount failed w/return code = -111

man mountを介してマウントのドキュメントを確認すると

エラーコードに関する次の情報が表示されます。

   RETURN CODES
   mount has the following return codes (the bits can be ORed):

   0      success
   1      incorrect invocation or permissions
   2      system error (out of memory, cannot fork, no more loop devices)
   4      internal mount bug
   8      user interrupt
   16     problems writing or locking /etc/mtab
   32     mount failure
   64     some mount succeeded

では、-111は1と同じ意味ですか?もしそうなら、それが許可であるか、コマンドが正しくないかどうかをどのように診断できますか?

6
Adam Kalnas
111 = 64 + 32 + 8 + 4 + 2 + 1

つまり、16を除くすべてのエラーが発生したことを意味します。

Ubuntu 14.04では、-o sec=ntlmv2を追加する必要がありました。そうしないと、常に111エラーが発生しますが、Ubuntu15.04ではそのオプションは必要ありません。紛らわしいですね。

6
Tankman六四

最近、Fedora27でこのエラーが発生し始めました。

オプションvers = 1.0をvers = 2.0(-o defaults、vers = 2.、rsize = ...)に変更すると、問題が解決しました。

1
loopkin