web-dev-qa-db-ja.com

ViMで一致する括弧の強調表示を無効にする:「letloaded_matchparen = 1」が機能しない

ViMで一致する括弧の自動強調表示(新しいブラケットが挿入されると、カーソルが一致するブラケットに短時間ジャンプする)を無効にするにはどうすればよいですか?

以前の会社でこの問題に直面したとき、.vimrcに以下の行を追加することで問題を解決することができました。

let loaded_matchparen = 1

今、私の新しい会社で私は同じ問題に直面しています。しかし、今では私の.vimrcの上記の行でも問題は発生しません。

.vimrcにNoMatchParenを追加しようとしましたが、ViMを開くと次のエラーが発生します。

Error detected while processing <...>/.vimrc:
E492: Not an editor command: NoMatchParen

Pl。この厄介な問題の回避策を教えてください。

参考までに、私の$ vim --versionの出力:

VIM - Vi IMproved 7.3 (2010 Aug 15, compiled Feb 11 2012 21:05:37)
Compiled by [email protected]
Huge version with GTK2 GUI.  Features included (+) or not (-):
+arabic +autocmd +balloon_eval +browse ++builtin_terms +byte_offset +cindent 
+clientserver +clipboard +cmdline_compl +cmdline_hist +cmdline_info +comments 
+conceal +cryptv +cscope +cursorbind +cursorshape +dialog_con_gui +diff 
+digraphs +dnd -ebcdic +emacs_tags +eval +ex_extra +extra_search +farsi 
+file_in_path +find_in_path +float +folding -footer +fork() +gettext 
-hangul_input +iconv +insert_expand +jumplist +keymap +langmap +libcall 
+linebreak +lispindent +listcmds +localmap -lua +menu +mksession +modify_fname 
+mouse +mouseshape +mouse_dec -mouse_gpm -mouse_jsbterm +mouse_netterm 
-mouse_sysmouse +mouse_xterm +multi_byte +multi_lang -mzscheme +netbeans_intg 
-osfiletype +path_extra -Perl +persistent_undo +postscript +printer +profile 
-python -python3 +quickfix +reltime +rightleft -Ruby +scrollbind +signs 
+smartindent -sniff +startuptime +statusline -Sun_workshop +syntax +tag_binary 
+tag_old_static -tag_any_white -tcl +terminfo +termresponse +textobjects +title
 +toolbar +user_commands +vertsplit +virtualedit +visual +visualextra +viminfo 
+vreplace +wildignore +wildmenu +windows +writebackup +X11 -xfontset +xim 
+xsmp_interact +xterm_clipboard -xterm_save 
   system vimrc file: "$VIM/vimrc"
     user vimrc file: "$HOME/.vimrc"
      user exrc file: "$HOME/.exrc"
  system gvimrc file: "$VIM/gvimrc"
    user gvimrc file: "$HOME/.gvimrc"
    system menu file: "$VIMRUNTIME/menu.vim"
  fall-back for $VIM: "/depot/vim-7.3/share/vim"
Compilation: gcc -c -I. -Iproto -DHAVE_CONFIG_H -DFEAT_GUI_GTK  -I/usr/include/gtk-2.0 -I/usr/lib64/gtk-2.0/include -I/usr/include/atk-1.0 -I/usr/include/cairo -I/usr/include/pango-1.0 -I/usr/include/glib-2.0 -I/usr/lib64/glib-2.0/include -I/usr/include/pixman-1 -I/usr/include/freetype2 -I/usr/include/libpng12     -g -O2 -D_FORTIFY_SOURCE=1      
Linking: gcc   -L/usr/local/lib -o vim   -lgtk-x11-2.0 -lgdk-x11-2.0 -latk-1.0 -lgio-2.0 -lpangoft2-1.0 -lgdk_pixbuf-2.0 -lpangocairo-1.0 -lcairo -lpango-1.0 -lfreetype -lfontconfig -lgobject-2.0 -lgmodule-2.0 -lglib-2.0   -lXt -lm -lncurses -lselinux -lacl 
11
BluVio

Vimrcでshowmatchまたはsmを確認してください。

:set noshowmatchまたは:set nosm短いジャンプを無効にします。

5
cshu

上記の答えはどれも私(OSX Sierra)にはうまくいかなかったので、vimの(通常の?)構成で機能すると思うものを提供します。

OPとして、OSXではvimはプラグインMatchParenに依存して一致する括弧を強調表示します。したがって、:set noshowmatchは機能しません。ただし、:NoMatchParenは機能します。

問題は、ファイルを開くときにこのプラグインがデフォルトで無効になるように~/.vimrcを構成することです。

~/.vimrcを古いシステムから新しいアカウントにインポートするのが一般的であり、新しいシステムでは強調表示がshow matchによって切り替えられる可能性があるため、両方のインスタンスで問題に自動的に対処します。

~/.vimrcに次の行を追加します。

" Disable parentheses matching depends on system. This way we should address all cases (?)
set noshowmatch
" NoMatchParen " This doesnt work as it belongs to a plugin, which is only loaded _after_ all files are.
" Trying disable MatchParen after loading all plugins
"
function! g:FckThatMatchParen ()
    if exists(":NoMatchParen")
        :NoMatchParen
    endif
endfunction

augroup plugin_initialize
    autocmd!
    autocmd VimEnter * call FckThatMatchParen()
augroup END

:最後のEND行のaugroupは重要です。これがないと、ファイルが開く前にvimを呼び出すと、厄介な通知が表示されます

$ vi my file.txt  
plugin_initialize  
Press ENTER or type command to continue
13
MASL
let g:loaded_matchparen=1

私のために働いた!

/vim/vim81/plugin/matchparen.vimの下のコードにそれ自体をアサートしないように指示するフラグを設定します。

13
user3204934

MatchParenプラグインを無効にしている場合、コマンドNoMatchParenは使用できません(プラグインのロードがスキップされるため)。正確に何を達成したいですか?おそらくあなたは:set noshowmatchコマンド(.vimrcに入れることができます)を探していますか?

1